コンパクトな収納家具について。

結婚して以来、賃貸マンションに住んでいますが、間取りが2LDKです。以前、埼玉県に住んでいましたが、その時の間取りも2LDKでした。5畳洋室、6畳の和室、2畳のキッチン、そして7畳のリビングダイニングでした。その時は、5畳の洋室もクローゼットが、間取りとして組み込まれているような感じだったので、壁が出っ張っているようなことはありませんでした。そして都内に引っ越しをして、対面式キッチンのLDKになりました。3畳キッチンで収納庫がすでに壁に埋め込まれているような感じでした。そして、9畳のリビングダイニング、しかし、天井や1つの角がでっぱっているような造りになっているので、テレビがうまく角に置けず、若干損しているような感じです。和室には天袋つきの押し入れがあります。天袋にはクリスマスツリーや使わない子供のおもちゃの箱や補助便座などを入れております。5畳の洋室には、備え付けのクローゼットがあります。段差を替えられるので、一番下には、今は読んでいない単行本セットを引っ越しの時に段ボールに積めましたが、そのまま収納してあります。意外と本が多く段ボールも6箱ほどあります。

また、我が家には、雛人形があり、それもお内裏様とお雛様の2人セットですが、ケースなどがあり、結構幅をとっています。また子供服は、毎年服のサイズが大きくなっているので、バーゲンの時に1サイズ上の服を買い置きしておいて、そして、上の子の服は下の子のおさがりとしておいてあるので、主人や私の服よりも、はるかにかさばります。しかし、お友達のおうちにお邪魔した時に、やはり子供部屋というのは、小さくても必要なのかと思い、家具の配置替えや収納について考え直すことにしました。その時に何か、コンパクトな収納家具はないかとネットで探してみました。すると、パーテーションのようにも使える本棚がありました。薄さは30センチほどで、単行本や雑誌などが結構な数を収納できるのでした。しかも、天井に突っ張るような感じにして設置するので、地震対策としても耐久性があります。

そして、間取りに応じて3パターンほどの幅が選べますし、本棚の裏は真っ白の壁になっているので、パーテーションとして部屋を分割したり、またそのまま壁に設置することもできます。私的には、子供の手の届かない所で、かつ普段ふとした時に読める所に本がおけるというのは、すごく魅力的な商品だと思いました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*